たいていの着物は高価な買い物だったと思います。
買取に出すときは、それなりに信頼できる業者さんにお願いしないと、買い叩かれてしまうこともあります。
私がよく聞く買取に関するトラブルは、無茶な査定額(かなり安値)が一番多く、そのほかに宅配査定で断ったけれどなかなか返してもらえないなどですね。
あらかじめ相手の評価をネットなどで調べ、ある程度選抜してから依頼すると安心です。
それと、封入前に着物の写真を撮っておくと、トラブル防止に役立ちます。
和服の買取をしてもらおうというときに、喪服は注意しなければいけません。
普通のお店では喪服というのは扱っていないところが多いからです。
葬儀に洋装が一般化した現在では、中古ではなおさら、特別な場に着用する喪服のニーズは少ないからです。
それを理解した上で、買取を希望するなら、ほんのひとにぎりとはいえ、喪服を買う業者さんもないわけではないので、そちらを当たってみるのも手でしょう。
着物の買取に取りかかる前に高く買い取ってもらうには何が必要か調べてみると、共通点がありました。
ものが良くて、買ったときに高かったというのは高値がつく最低条件ですが、その他に、シミがなかったり、傷がなかったりという使用状況もかなり重要な問題のようです。
元々の品質は良かったものでも査定で傷を発見されると査定額は大幅に下がるようです。
不要な着物を買い取ってくれる業者があると聞き、業者のウェブページで買取のシステムを調べてみました。
着物を売るのも、洋服の古着並みになっていて、出張査定や自宅に取りに来るサービスがある業者、着物に合った箱を送ってくれ、宅配で送ると無料査定までしてくれる業者も何軒かみつけました。
その中から自分に合った買取方法を探しました。
持ち込むのも負担ではない枚数なので車で行ける距離にお店があるので、持って行ってお金の受け取りまでできればいいかなと思いました。
着物買取の査定を受けるときに証紙を一緒に見せられるようにしてください。
証紙の説明をすると、織り元や織物工業組合などが一定の基準を満たした製品であることを明確に示している登録商標になっています。
買ったときに証紙を捨てる方だの所在不明という方も実際にいますが付加価値と言うより、買取に必要な書類の一つですので、なんとか探し出してください。
初めてのお宮参りのために、訪問着を購入しました。
手入れが大変なのでレンタルにしたかったのですが周囲に、こういうときに着る着物は必要だと圧力をかけられました。
その後、着物の手入れは本当に難しいと痛感しています。
どうせ買うならと、材質も良く、柄も美しい着物を購入したので美しさを保つために、季節ごとの手入れは欠かせませんよね。
桐箪笥で保管しなければならないのはわかっていますが、どこに置くのかという問題があります。
七五三で着た後はごめんなさいをして、黙って手放してしまおうと思うこの頃です。
着物の宅配買取もよく行われていますができるだけ有利に買い取ってもらうために、注意してほしいのは着物の価値の一部にもなっている、反物の切れ端や保証書が残っているかどうかを忘れず確認してください。
家電などの買取経験があればおわかりの通り、これらは品質の保証になるものであるかないかというだけで買取価格が大きく左右されます。
取っておいたものを全部、宅配の箱に入れるのを忘れないでください。
着物買取専門と言っても、着物と帯にとどまらず帯に合った帯締めや帯揚げなど小物も買い取りを行うことが多いです。
それでも、襦袢の買取は難しいと思ってください。
襦袢を下着だとみるところが多く未使用ならともかく、着用済みでは値がつかないのです。
しかし、全く買い取らないわけでもなく、素材が絹など上質で、未使用の襦袢や、今では珍しいアンティーク柄の襦袢などは需要はあるかもしれず、買い取りできるかもしれません。
まずは査定にかけることをすすめます。
中古着物がブームのせいか、和服専門の買取業者の広告がよく目につきます。
もったいないからと手放さないでいると、保管場所に気を遣ったつもりでも、染料そのものの劣化もあって価値が下がっていきます。
きちんと保管されてきた良い着物はリサイクル店に売るよりずっと良い値段がつくので、早めに連絡して、買い取ってもらうと、着物も生き返ると思います。
箪笥部屋の整理をするといつも、着ない和服を整理したいと思うのですが、それぞれに思い出もある着物なので、処分しないまま月日が経ちました。
ただ、雑誌で和服買取業者があるのを知り、調べてみたらたくさんあって、内心おどろきました。
今はブームなんでしょうか。
高額買取の例も具体的に紹介されていて、着物の買取を専門にしている業者さんというのは大事にしていた着物の処分も安心して頼めると思いました。
とりあえず問い合わせして、査定を依頼しようと思います。
着物買取ランキングに関する誤解を解いておくよ